ラムとカレー日記

cariken.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 09月 11日

じき 宮ざわ        〜堺町四条中京区

a0147173_1252617.jpg

京都の最後は 和食で 「じき 宮ざわ」
a0147173_1282489.jpg

まずは ご主人から一献 
食前酒は 伏見の蔵 月の桂「抱腹絶倒」から始まります
ワインのようにさわやか♪
以前 訪れたことのある酒蔵で そのとき飲んだ しぼりたてが最高にうまかった
のを思い出しました さすがのセレクト!
a0147173_12594618.jpg

先付け もずく酢、新潟のだだ茶豆かき揚げ、みずたま胡瓜、万願寺とうがらしの
ねぎ和え、イチジクのコンポートとあわ麩の白和え
a0147173_13115178.jpg

焼きナスとハモのお椀 うなるうまさ
a0147173_13521366.jpg

ぐじ(甘鯛)の薄造り
a0147173_13524677.jpg

a0147173_1354787.jpg

ごましお と ちり酢で
a0147173_13542356.jpg











名物焼胡麻豆腐 
a0147173_1357635.jpg

お菓子のような ふわふわで胡麻のうまみが口一杯にひろがります うまい!
焼き物 なごりの鮎  頭からいただきます
a0147173_1422986.jpg

煮物 ウニと湯葉  ウニが苦手のキャサリンがウニ好きになるぐらい
鹿児島産のウニ
a0147173_1432496.jpg

お食事がここの真骨頂!
a0147173_145209.jpg

陶器の羽釜で炊かれたご飯 
一口め 芯のややあるテクスチャーを味わいます まさにアルデンテ!
二口、三口と味わいの変化を楽しみながら
a0147173_1494274.jpg

手でさかれた 水茄子 最高のめしとも 包丁で切ると味がかわるので
a0147173_14101416.jpg

名残惜しい終焉へ 
a0147173_14134320.jpg

待っている時間も味わいのうち、、、
a0147173_14153995.jpg

水菓子 マスカットと桃
a0147173_14163344.jpg

最後まで楽しい♪
a0147173_1418637.jpg

今日はひょうたんの最中 餡もうなるうまさでした
薄茶
a0147173_14193585.jpg

ご主人が 一服づつたて丁寧なおじぎと共に 一期一会
a0147173_14195891.jpg

久しぶりに地元で和食をいただきましたが
京の底力に脱帽!
さすがというか 東京では味わえないパワーをいただきました
若いご夫婦とお弟子さんで カウンターだけの小さいお店ですが
京料理のすごさを手軽に感じていただけるのではないでしょうか、、、
京都におこしの節は ぜひぜひぜひの ぜひ♪です

じき = 食

じき 宮ざわ

by cariken-ramu | 2010-09-11 12:07 | 京都美味


<< たっちゃんからの贈り物  〜海...      レストラン ラニオン     ... >>